1. ホーム
  2. 私のスキンケア
  3. ≫51歳 乾燥肌対策に期待できるライスフォース。保湿剤はいつでも塗る理由

51歳 乾燥肌対策に期待できるライスフォース。保湿剤はいつでも塗る理由

Pocket

なるべく自然なものでスキンケアをするように心がけていて、余計なものは塗らないとかオーガニックを使うなど、刺激を極力受けないように注意しています。

洗顔料もオーガニックもので皮脂を取り過ぎず潤いをしっかり残せる物を使用し、泡立てネットを使用してたっぷりの泡で洗うようにしています。

最近は美容家のIKKOさんがおすすめしている馬油をスキンケアの取り入れて、保湿力がぐんとアップしてくれました。

馬油はスキンケアの最後にふたとして使うこともできますし、洗顔後すぐに付けて化粧水の入りをよくするのにも向いています。

一時期は化粧品を手作りしていたこともあり、無添加、オーガニックという点にはこだわりがあります。

化粧水やクリーム、ファンデーションなど色々なものを手作りして、ノンケミカルな化粧品でスキンケアをしていました。

人それぞれ合う化粧品というのは違いますし、スキンケアのやり方も違っています。

自分の肌の悩みと向き合ってそれが改善される方法で、自分が一番やりやすいスキンケア方法が一番だと思います。

年齢を重ねると乾燥肌になる!かさついたらすぐに保湿剤

若い頃はTゾーンの皮脂に悩まされていたのが、年齢を重ねてすっかり乾燥肌になってしまいました。

特に外気が乾燥する冬場は肌も乾燥しやすくなりますから、普段から保湿には気をつけるようにしています。

化粧水で肌にどんどん水分を与えるのではなく、肌に元々ある水分をいかに逃さないようにするかが乾燥肌対策には重要だと思っています。

もちろん、化粧水は使いますが付け過ぎるとさらなる乾燥を招きますから、適度な量でストップさせるようにしています。

化粧水よりも大切なのは保湿で、水分と油分のバランスが重要だと思っています。

加齢によって自分の肌は油分も不足していますから、クリームやオイルで補うようにして肌のバランスが整うように気をつけています。

何よりも保湿が大切ですから、肌がかさついているなと感じたら朝晩のスキンケア以外の時でも保湿剤は塗っています。

肌を乾燥させないことで肌の機能が正常に働きますから、スキンケアだけでなく体内からの保湿にも注意しています。

あまり知らなかったライスパワーエキスを調べるとわかること

時々耳にするライスパワーエキスという成分はお米と関係があるのでは、という程度の知識しか持っていませんでした。

少し調べてみたところによると、お米や玄米を発酵熟成させて抽出されたエキスとのことで、栄養分がたっぷりと含まれている点に興味がわきます。

ライスパワーエキスにも番号があり、それぞれの番号によって働きも異なると知りました。

例えば、No.1なら肌のトリートメント効果や温浴効果、美髪効果などがあるようです。

ただのお米からこれだけ多くの別々のエキスが抽出されていて、それぞれに違った効果があるのには驚かされました。

お米は日本人には欠かせない食べ物ですし、そこから抽出されたエキスだという点には親しみを覚えます。

化粧品メーカーだけでなく酒造メーカーがライスパワーエキスを配合した化粧品を販売していて、多くの愛用者がいることを知りました。

ライスパワーエキスにはまだまだ解明できてない成分もあるようなので、今後の発展が気になります。

保湿化粧品として確かな実感を与えてくれるライスフォース

ライスフォースは名前だけ耳にしたことがある化粧品で、どんな効果があるのだろうと興味を引かれました。

ライスパワーNo.11エキスが配合されていて保湿力が高いとのことですから、乾燥対策には大いに期待できそうです。

ライスパワーNo.11エキスは水分保持力を高め医薬部外品として認可されている成分らしいので、保湿化粧品として確かな効果を与えてくれそうです。

私が一番興味を引かれるのはクリームでかなりこってりめの濃いクリームなので、加齢による私の肌の乾燥には合いそうだなという印象です。

口コミでも長時間潤いが続き、真冬でも乾燥しないほどの脅威の保湿力があるとのことです。

こっくりしたクリームは夜のスキンケアには最適で、寝ている間にしっかり肌を保護してくれて乾燥を防いでくれそうです。

夏場のエアコンが効いた部屋でも乾燥しないという口コミもあり、冬だけでなく夏場の乾燥からも守ってくれそうです。

肌のバランスが良くなりキメが整ってきたとの口コミもあり、機会があれば使ってみたいです。

シェアをお願いします。

Pocket

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。